性格は変えられない、かもしれないけど、思考は変えられるよっていう話

性格を変えることってなかなか難しい。

だって、生まれ持っての気質もあるし、

育った環境も影響しているっていうし、

長年、その性格で生きて生きてきているわけだから。

でも、思考を変えるのは、意外とあっさり出来たりする。

わたしは、立ち止まったり、

後を振り返ったりするのが苦手だ。

気持ちはいつも前へ前へと行きたがる。

立ち止まって振り返ると、何かが止まる気がする。

振り返ると、迷いが出てきそうな気がする。

人より歩みが遅いから、置いていかれそうな気がする。

だから、少しでも速く前へ進みたい。

進めるだけ進んでおきたい、そう思っている。

だから、忘れ物が多い。

出しっぱなしも多い。

それで結構、失敗もする。

だから、最近決めたことがある。

落としたら困るようなものを持ち歩かないことにした。

万が一、落としても失くしても、

大事にはならないようなモノの持ち方をしようと決めた。

それで、荷物も気分もだいぶ軽くなった。

そしてわたしは、片付けが苦手だ。

何度も置き場所を決めても、そこに収まった試しがない。

元来のものぐさものもあって、わたしの周りにモノが集まってくる。

だから、モノを減らすことにした。

片付けなくてもいい程度まで、モノを減らすことができたら、
わたしの周りはもっと風通しが良くなるはず。

この結論に至ったのも、わたし自身、ずっと

「なんで、モノゴトが早く進まないのだろう。」

と問いかけていたからだ。

そして、最近の動向から、

想定外のことが起こったとき、何かをしようにもそれどころじゃない!となり、

何もする気が起きなくなることが多いこと、

もう一つは部屋の居心地が悪いから、ついつい外にでしまい、

作業時間が減っていることに気づいた。

だったら、リスクを減らすこと、部屋を居心地よくすること、

に意識を向ければ、もっと効率よく動けるはずだ。

思考を少し変えれば、ずっと生きやすくなる。

そして、そこから得るものもきっとあるはず。

自分自身に問いかけることは、

新しい視点を見つけることでもある。

ぜひ一度、自分に問いかけてみてください。

 

 

自分への問いかけ集お試し版(PDF)はこちらでダウンロードできます。