空と気持ちは晴れが好い、灯りと笑顔は明るい方が好い。

これは言葉の話です。

晴れた空、
気持ちが晴れた、
晴天、
心が晴れ晴れする。

こういう言葉を聞けば、

心地よさを誰でも感じることが出来るでしょう。

また、

この部屋、もっと明るくして、
とか、ここは暗いから電気をつけよう、
電灯を取り替えたら明るくなった、

こういった状況は、誰もが経験しています。

また、明るい笑顔は楽しい気持ちにさせてくれますが、
暗い笑顔を見ると、不安や哀しみを感じます。

言葉は、わたしたちに状況を伝え、そして共感を呼ぶ役割を持っています。

以前、SNS上で「顔晴れ!」という言葉をよく目にしました。

「頑張れ!」をポジティブ用語に変換したのだとは思います。

雰囲気は伝わりますが、わたしには違和感の方が大きかった。

何故なら、「ガンバレ」とか「がんばる」というのは、

エールを送ったり、自分を鼓舞する言葉です。

だから、顔が晴れる、というのはしっくりきませんでした。

言葉にするとしたら、

「顔を上げていきます。」とか「上(空や天」に顔を向けて生きていきます。」とか、

「堂々と胸を張って行け!」とか「笑顔を絶やすな!」とか、

わたしだったら、こう表現します。

言葉から受け取るイメージは様々です。

世代や場所によって通じ合える言葉もあるでしょう。

それが価値観を共有している枠になるのかもしれません。

でも、言葉は、世代や場所、時間さえも超えていきます。

だからこそ、どんな人にも同じように伝わる言葉として、

「標準語」を忘れないでいてほしい、

心からそう思うのです。

 

 

書き方トレーニング教室では、標準語の使い方も考えていきます。
詳しくは、こちらをご覧ください。
大人のための書き方トレーニング (kotoba-shinri.com)