新講座、書き方トレーニングのご紹介。さて、どんな文章が出来上がりましたか?

文章を書くとき、

私たちは意識的にせよ、無意識的にせよ、

自分自身に問いかけています。

その応えが言葉となって、文字となるのが文章です。

わたしたちは、誰かと会話するとき、

詳しく知りたいことを、いろいろ聞いたり、

意味が理解できなかったことを聞き返したりしています。

また、相手が理解ていないと思えば、

言葉を選び直し、言い方を変え、理解してもらおうと

します。

実は文章を書くとき、このように自分の中でこの会話や対話を行っているのです。

ただ、自問自答だけでは限界があります。

いつも同じことを同じ言葉で聞いて、

だから返ってくるのも同じ言葉だけ。

自分の中では理解できて、自己完了していても、

他の人も伝わっているとは限りません。

そこで考案したのが、上記に表示してある問いかけワークです。

あらかじめ、文脈に沿って、問いかけ文を作っておけば、

それに応えていくだけで文章が出来上がります。

また、自分の応え文を自分で読んでみることにより、

伝えたいことは書けているのかを客観視することもできます。

曖昧な表現を使っていないか、同じことばかり書いていないか、自分の思考を整理することも出来ます。

 

さて、どんな文章が出来上がりましたか?