前を向いて歩こう

最近、下を向いて歩いている人が多いように感じます。

冷たい風や雨を避けているのだと思います。

顔を下に向けると表情が暗くなります。

歩幅も小さくなってしまいます。

足元のモノしか目に入らなくなります。

気持ちが萎縮してしまいます。

だからと言って、上を向いて歩くと、

強い日差しに目が眩みます。

気持ちや思いはどんどん大きく膨らみますが、

すぐ目の前にある落とし穴にもは気付きません。

だったら、まっすぐに前を見て歩きませんか。

雨の日には傘をさして、

多少の風には負けないように、

うつむき加減になったとしても、

視線を真っすぐに前に向けませんか。

そうすれば、大切なものを見落とすこともないでしょう。

落とし穴にも気づくでしょう。

一歩一歩、確実に進むことができるでしょう。

そして、気持ちも真っすぐに向かうでしょう。

寒さに萎縮してしまう、

今の時期だからこそ、

前を向いて歩きませんか。