集客にはならなくても、なかなか人目を惹かなくても、やっぱりこんな書き方が好き

ブログやFacebook、公式LINE等々、

ぽちぽちと、いろいろなことを書いているわけですが、

集客向きな書き方ではないな、というのは

イヤというほど実感しています

でも、

「書きたくて書いているわけだから、誰にも読んでもらえなくてもいいもんね」

って、割り切っているわけでもないし、

「いつか、誰かに届きますように」なんて、

そんな内容でもないのも、充分わかっています

やはり、書くからには

一人でも多くの人の目に留まってもらいたい

これがホンネです

ただ、集客にならなくても、

なかなか人目を惹かなくても、

やはり、こうゆう書き方は好きなんです

どういう書き方かというと、

ちょっとキザっちい言い回し

テレビや舞台の台詞のような表現法

ちょっと気取った言い回し

学術的な文献に出てくるような表現法

オマージュやパロディった言い回し

よく耳にする言葉や表現をアレンジした表現法

などなどです。

書きながら、「巧い!」なんて、

一人ほくそ笑んでいたりします

だから、

集客にならなくても、

人目を魅かなくても、

メゲずにぽちぽちと書き続けているのです

という、原点に戻った朝。