想いを風に乗せて

想いを乗せる風ってなんだと思いますか?

わたしは言葉だと思います。

風は目に見えません。

でも今はどんな風が吹いているか知っています。

言葉も同じです。

暖かい風や言葉は、わたしたちはほっこりしますし、

冷たい言葉や風には、身を切られるような痛みを感じます。

熱風や熱い言葉に、わたしたちは高揚したり、体力を奪われたりします。

今は風の時代、

よくそういう言葉を見聞きします。

つまり、言い換えれば、今は言葉の時代ということです。

わたしがブログを書き始めたころ、

風と言葉は異質なものだと思っていました。

言うなれば、風はSNSなどのツールで、

言葉を運ぶもの、そう考えていました。

だから、SNSに言葉を乗せることに一生懸命になっていました。

でも、言葉自身が想いを乗せる風のようなものだとしたら、

書き方は変わってきます。

言葉も違ってきます。

暖かい想いを届けるとしたら、どんな言葉になるでしょうか。

楽しさを伝えるとしたら、どんな言葉だと伝わるのでしょうか。

そして、自分を傷つけない言葉とは、

どんな言葉なのでしょうか。

 

外は、冬風が荒れ狂っていますね。