どんなことでも肩に力が入っていると ロクなことがない。

これは書き方の話です。

どんなことでも、肩に力が入っていると、

ロクなことがない。

緊張してしまって、

気持ちも身体も萎縮してしまって、

効果も半減してしまう。

ブログなどの文章を書くときだって、そう。

力んでしまっていては伝わらない。

書きたいこと、言いたいことの半分も書けなくなってしまう。

本当にそれでは、勿体無い。

だから、肩の力をまず抜いてみてください。

ただ、肩の力を抜いて書くっていうのは、

書き方の問題だけではありません。

文章のルールだけではなく、

自分の思考も緩めるってことです。

こう言うことを書かねば、

こう書くべきだ

そういう思考を緩めるっていうことです。

例えば、わたしの場合、

今回は、熱く生きよう!は使わずに書いてみる、

また、この記事には一切の番宣(イベント告知やメニューのお知らせ)はしない、

ポジティブに終わらせない、

結論を出さない、

まとめない、などです。

でも、ほんの少し緩めることで、

フワッと言葉が出てくることもあります。

フワッと言葉が湧いてくると、

本音がポロッと出てくることもあります。

ちょっとしたことで、

気持ちはずいぶん軽くなっていくはずです。

 

わたしは、ずっと熱くなろう!と書いてきました。

情熱発信だから、熱いことを書かねばならない。

熱く生きることの素晴らしさを書くべきだ。

そう思って書いてきました。

そして自分自身、そうあるべきだと、ずっと思っていました。

でも、書いているうちに、違和感を感じ始めました。

もちろん、熱く書きたいときもある。

でも、そうじゃないときだってある。

無理に、情熱という言葉に近づけようとすると、

書く方にも、読む方にも違和感が出てくる。

書きたい欲求はあるのに、書くのが辛くなる、

そういう感覚でした。

そんなとき、ふっとフィクション(架空の話)を

書いてみたくなりました。

情熱発信でも、石川もと子でもない話です。

見聞きした出来事でもないことをストーリーにしました。

そしてブログとして投稿しました。

最後の1行を書き終わったときのゾクゾクする達成感、

早くだれかに読んでもらいたいという、

してやったりという感覚。

歓喜と興奮の入り混じった高揚感、

これが、自己肯定感なのだと知りました。

わたしの場合、全ての活動が「文章」という一線上に

あります。

ましてやこのブログなどは、

「本」読んでもらうために書き、

「本」と「わたし(著者)」を知ってもらうために書いています。

そのほかに、読んでもらいたい「本」がありままた、書く効果や言葉の使い方など、

「読んでもらいたい人」と「書いてもらいたい人」がいます。

その人たちに向けても書かねばなりません。

それらは、実は表裏一体なんですが

それでも書き分けていかなければなりません。

このように、思考はほとんどカオスが続いています。

もしかしたら、そう思うこと自体、

肩に力が入ってしまっているのかもしれませんね。

このように、思考はほとんどカオスが続いています。

またブログやSNSはブランディングツールです。

キラキラしている自分。

プロフェッショナルな自分。

頑張っている自分。

充実している毎日。

見せたいイメージ、

こうありたいと思う自分の姿を演出することができます。

でも、その姿に固執してしまうと、

肩に力が入り過ぎてしまいます。

いつもいつも、同じ言葉を繰り返しているだけに

なります。

でも、楽しいネタばかりがあるわけではありません。

それを、ポジティブに変換できる日ばかりではありません。

だから、その姿に固執してしまうと、

肩に力が入り過ぎてしまいます。

いつもいつも、同じ言葉を繰り返しているだけなっちゃいます。

 

何のために書いているのか、

誰のために書いているのかさえ、

見失いそうになります。

誰だって、本当は自分のために書いています。

一番最初の読者は、まず自分自身なのです。

 

だから、最近わたしも、肩の力を抜いて書いています。