考察「なぜとら年のトラは虎ではなくて寅なのか」

今年は寅年です。

動物的には、トラですが、

なぜ、虎ではなくて、寅なのか、

ちょっと気になったので、

久しぶりに漢字を調べてみました。

虎とは、ネコ科の生物としての「トラ」のことですが、

寅は、十二支であり、それによって表される年月日、時間、方角などを表すときに使われてきたようです。

ではなぜ、虎ではなく、寅のか。

それは、漢字の持つ意味にあるのでは、という気がしています。

寅は音読みでは「いん」、

意味を表す訓読みでは「とら」の他に「つつしむ」と読みます。

つつしむという言葉は「慎む」や「謹む」と言ったように、わたしたち日本人が今も好んで使う言葉です。

そして、日本人が好ましいと考える思想です。

だからこそ、干支は今も根付いているのでしょう。

それにしても、つつましやかにしているトラって、

どんな表情をしているのかな。。。