お正月恒例の家族会を開催しました。

お正月恒例の家族会を開催しました。

甥っ子、姪っ子とその両親が勢揃い、

1年に1回の顔合わせです。

コロナの影響もあって、

昨年から、食事をせずにお茶だけの集まりにしていますが、

なんやかんやで母は朝から大張り切りです。

そして、今年は記念の年。

春になると、それぞれの路へ進みます。

これからは、

従兄弟、従姉妹同士会うことも少なくなるだろう、

そこで母が提案したのは、

今回は親と家族を別々の部屋に集まろうということ。

今の時期、密にもならないし、話しも盛り上がるだろうと

2つの部屋にお茶、お菓子を準備しました。

最初は戸惑い気味だった、子供たち。

大人ぶっている姪っ子は、

「学校も違うし、子どもたちだけで話しても

盛り上がらない!」

とか言って不満顔だったのに

集まってみると、おおはしゃぎ。

ピカピカな笑顔で、共通試験間近だというのに、

今日は何時になってもいいと言う。

大人は大人で、子どもたちの日頃の様子を楽しく聞かせてもらいました。

楽しい時間は、あっという間に過ぎていきます。

自分との闘いが続くそれぞれの冬、

そして帰り時、

「今が頑張りときだよね。」

そう、エールを送り、手を振りながら、

大人も今が頑張りどきだよね、と、しみじみ思います。

まだまだ不安定な世の中で、

いろいろな思いを抱えて生きている。

大変なのは、君たちだけじゃないよ。

来年のお正月は、どんな顔をして集まるのだろう。

ま、なんとなく予想はつくけどね。

そして今日の日が、好い思い出になってくれればいいな。