ワタシ、ココニイテモ、イイデスカ。

ワタシ、ココニイテモ、イイデスカ。

いつもいつも、心の中にあった不安、

ずっとずっと、感じていた、異質な自分。

その不安が、言葉になった日から、

彼女は眠れない日々が続いていた。

子どもの頃も、友だちの話題についていけなかったり、

一人だけ、みんなと違う意見を持っていたり、

でも、必死でそれを隠そうとしていた。

だって、ここに居たいから。

ここしか、いる場所がないから。

違うってことがバレたら、

ここから弾き出されてしまう。

でも、異質でも、何かの役に立つのなら、

もしかしたら、ここにいることを認めてもらえるかも。

認めてもらう?

誰に?

ここにいる人たちに。

家族に、

そう、職場の人たちに。

どうして、そんなことを考える?

だって、家族はしょうがなくわたしをおいてくれてるのかもしれないよ。

血が繋がっているから、

本当は要らないって思っていても、

虐待とかって罪になるから、

それが嫌だから、追い出せないのかもしれない。

勤め先だってそう。

本当は、もっと優秀な人を雇いたいのに、

理由のないリストラとして、問題視されるかもしれない。

だから、いさせてくれてるのだと思う。

だとしたら、みんなの邪魔にならないように、

目障りにならないように、

異質だとバレないように、

明るく、朗らかに、笑顔を演じて演じて、演じて。

でも、

朝起きたら、家には誰もいなくて。

みんな、何も言わずにどこかへ行っているかもしれない。

わたしがいない方がいいと判断したのに、

みんなを探しになんていけない。

朝、事務所にわたしの机がなくても、

みんなのために、わたしがいない方がいいと、

思われたのなら、それ以上はいられない。

それでも明るく、朗らかに、笑顔でなんていられない。

 

でも、本当はここにいたい。

ここにいていいよと、言ってほしい。

ここがあなたの場所なんだよ、と認めてほしい。

 

いつも心にあるこの言葉、

「ワタシ、ココニイテモ、イイデスカ。」

聞きたくても聞けない質問。

聞きたいけど、聞きたくない、その答え。

この不安が消えることはあるのだろうか。

いつか、安心して自分の場所だと思える日が来るのだろうか。

 

そして、数日後、彼女は姿を消した。

「ワタシ、ココ二ハ、イラレナイ。」

それだけ書いた紙を残して。

 

彼女の家族も、職場の人たちも、友人たちも、

何があったのか、知らないと答えた。

 

ー終わりー