今年はあいまいな文章から脱却しませんか?

「今日は、休みでした。

久しぶりに、休むことができました」

この文章の意味を、どう解釈しますか。

しばらくお休みがなかったのだろうか。

ゆっくり過ごすことがなかなかできなかったのだろうか。

このようにいくつも解釈できてしまうのが、曖昧文章です。

曖昧文章は、伝わり方が半減してしまいます。

また、曖昧にしか伝わらないと、

当然返答も違ってきますよね。

それでは、これはどうでしょう。

「今日は久しぶりの休日でした。

ゆっくりと過ごすことができました」

そのままの意味です。

でも実は、わたしの1日はこちらです。

「今日は休日でした。

そして、今日は久しぶりに身体を休ませることができました」

年末年始などの休日は、かえって忙しいもの。

なかなか、疲れが取れなかったので、今日は半日近く

寝ていました。

 

曖昧な文章になってしまうのは、具体的な言葉が足りないのです。

会話では、聞き返すことができますが、文章は一方的なもの。

だから、文章を書くときには、自己対話、または語るという思考が必要になってきます。

言葉の書き方トレーニングでは、まず、曖昧文章からの脱却を目指します。

どんな言葉があると、よりクリアに伝わるようになるのかを、一緒に考えていきます。

そして、書くための思考力を身につけていきます。

言葉足らずや曖昧文章から脱却したい方、

無料験会も受付中興味のある方は、こちらをご覧ください。

無料体験会も受付中

https://kouza.kotoba-shinri.com/