オトナ言葉を使って、ステキを演出♪

オトナ言葉とは、

少し改まった言葉遣いのことです。

言葉って不思議なモノで、

口にすると、ちょっと気恥ずかしくなる言葉も、

案外、書くとそうでもないんです。

 

むしろ、ちょっとフォーマル感がでて、

ステキやオシャレを演出できるんですね。

読者の対象が、ある程度のオトナだった場合、

またはターゲット層が、ある程度のオトナの場合、

好感度もアップするはずです。

 

例えば、

「感動しました」を、「心打たれました」「心に響きました」、

また、

「買われましたか?」は、「準備されましたか?」「お求めになられましたか?」

など、言葉を変えると、少し改まった感じがしませんか?

 

そして、SNSでよく使われる、オノマトペ(ワイワイとか、ワクワク)は、

どちらかといえば子どもに向かって使う言葉です。

意味もはっきりせず、受け止め方は人それぞれです。

オトナ言葉としてオノマトペを使うには、

「きらりと光る」など、協調させるために使ったり、

「ブンブンと音を立てて、蜂が飛んでいます」

など、具体的表現に使えば伝わりやすくなりますよ。

 

SNSやブログでキラリと光る一文を見つけたら、

あ、なかなかデキる人だなって、

そう感じるのは、わたしだけでしょうか?