大黒柱を打ち立てようよ。

大黒柱とは、家の中心にあって、
家を支える太くて大きな柱のことです。

また、その家族の中心にあって、
家族を護り支える人を例えていうこともあります。

最近、大黒柱のある家ってほとんど見なくなりましたよね。

今では大黒柱に代わって、
基礎工事がしっかりとされているでしょう。

でも、わたしは大黒柱にすごく惹かれるものを感じます。

だって、真っ直ぐに天に向かって立っている姿って、
素敵じゃないですか。

ブレずに、曲がらずに、折れずに、
ずっと家を支えているんですよ。

例え雷や稲妻に打たれても、
真っ黒に焦げてもなお、真っ直ぐに立つその姿、
美しいと思いませんか?

だからわたしは、自分の生き方や活動の中に、
大黒柱を打ち立てたいと思うのです。

もちろん、基礎や基盤も大切です。

でも、わたしの中の基礎や基盤のイメージでは、
知識や経験、スキルなどを意味します。

信念や志が大黒柱です。

ブレずに、曲がらずに、折れずに、
ずっと自分を支えてくれているもの、

そして、それは何だろうと考えてみたとき、
やはり「言葉」だろうなと思いました。

読んできた言葉、
聞いてきた言葉、
書いてきた言葉、

それら全ての言葉が、
今のわたしを支えてくれているのだと思います。

だから、わたしの生き方に言葉という大黒柱を打ち立てます。

あなたの大黒柱は何ですか?