わたし言葉に力なんて無い、のかもしれない。

ここ数日、自分の(書いている)言葉にもどかしさを感じています。

書いても書いても、

わたしの本意が伝わっていない気がするのです。

もちろん、これはわたしの力不足の所以です。

そして、それと同時に、自分の書きたいことだけ、

伝えたいことだけを一方的に書くのは、

なんて簡単なことだったのだろうと実感しています。

あまりにも具体的に書くと、個人批判と受け取られるかもしれない。

でも、何かに置き換えたり、

自分のこととして話すと、伝わらなくなる。

直接話すのは簡単なのに、

文字にするとこんなにも難しいなんて。

改めて実感しています。

どう書けば、気づいてもらえるのだろう、

こればかりを考えてばかりいるから、

わたしの筆も迷走しがち。

わたし言葉に力なんて無い、のかもしれない。

ただ、言えるのは、

それでもわたしは(書いている)言葉で伝えたいということ

何故なら、わたしはモノを書く人間だから。

言葉がわたしの全てだから。

幼い頃からずっとわたしと在ったのは言葉だから。

わたしはその「言葉の力」を伝えたくて、

今もなお、これを書いているのだから。

 

もし、今後わたしの中から、この想いが消えたとしても、

それでも、わたしは多分何かを書き続けていると思う。