文章が、いや、言葉遣いが、 あなたのイメージを決めると言っても決して過言ではないのです。

文章にも品格があります。

わたしが考える品格のある文章とは、

言葉遣いが正しいこと、

ある程度の知識と教養を感じ取れる文章であること。

分かりやすい文章であること、

内容の整合性が取れていること、

その人の魅力が溢れていること、

などを挙げることが出来る。

確かに、SNSでもブログでも、また著書でも、

ちょっと目を惹く文章、

魅力的な文章には、やはり品を感じる。

でも、

言っていることは分かるけど、この言葉遣いじゃねー。

とか、

立派なことを言っているけど、自分はどうなの?

って思ってしまう文章には、何かが欠けている。

教養や知識の薄そうな人に仕事を頼みたいだろうか。

書いていることがチグハグな人に、何かを任せたいと想うだろうか。

上目線の自慢話しかしない人に、愛を感じるだろうか。

その人となりがわかっている場合はまだいい。

お客様それぞれの顔を思い浮かべながら、

その人のことを想って、想って、想って。

汗を絞って書いている人もたくさんいるだろう。

でも、少なくともSNSやブログに文章を載せている人って、

不特定多数の人にも読んでもらいたいと思っているはず。

ましてや、何らかの活動やサービスをしている人は、

なおさらだ。

文章が、というより、

言葉遣いが、あなたのイメージを決めると言っても過言ではない。

でも、ただ書いているだけでは、何も変わらない。

意識を変えてみる必要がある。

例えば、

曖昧な、どちらにも取れる表現を使っていないだろうか。

分かっているのは自分だけ、ってことはないだろうか。

ちゃんと結論づけているだろうか、など

読者の目線で読み返してみる。

また、ストレートすぎないだろうかとか、

同じような言葉ばかり使っていないだろうかとか、

あえて不必要な言葉を入れて、

かえって分かりにくくなっていないだろうか、

もっと他の言い方はないだろうか、と考えてみる。

その小さな繰り返しが大切だと思う。

 

品格のある人に、品格のある言葉が宿り、

品格のある言葉づかいで、品格を作り上げることが出来る。

それを信じている品格不足のわたしとしては、

自分の品格を上げるために、

品格のある言葉遣い、文章を書くことに励むしかない。

わたしは、最近、文章の品格に意識を置いて

書いている。