何故、人は仮面をつけて生きるのだろうか?

わたしは、すぐ顔に感情が出るらしい。

よく、人に言われる。

自分ではポーカーフェイスのつもりだった。

でも全然、そうではないらしい。

顔は笑っていても、目が笑っていない、とか、

怒っていても、目は笑っている、とか

そういうこともよくあるから、

誰でも、感情って顔のどこかに出るものだって思っていた。

でも最近は、そうでもないということに、

ようやく気づいた。

人は、顔で笑って、心で泣いて、というように

感情の仮面をつけることができるのだ。

人の話を、うすら笑いを浮かべて聞く人がいる。

真剣に話せば話すほど、その笑いが癇に障る。

どれだけ、人のことをバカにしているのだろうと思った。

でも、ふと、

泣きそうになるのを、誤魔化しているのかもしれない、

と思った。

いじっぱりで、素直になれなくて、

ついつい強がってそんな態度になっているのかもしれないと

思った。

何故、今、そう感じたのかは分からない。

漢字を使った診断や言葉遣いなどから読み取ることと、

同じように気づいたのかもしれない。

人は、本当の自分を隠すために、

本当の自分の心を隠すために仮面をつけているとしたら、

それはとても寂しくて哀しい芝居だ。