「カウンセラーを目指しているのですか?」 と、よく聞かれます。

心理学を学んでいると話すと、

「カウンセラーを目指しているのですか?」
と、よく聞かれます。

その場合、わたしははっきり「いいえ」と答えます。

何故なら、カウンセリングとは、カウンセラーだけが
行うことではないと考えているからです。

そもそも、わたしにとって、カウンセリングとは、

その人の気持ちを軽くする、

その人の心を整理する、

自分の心の声に気づいてもらう、

ためのアプローチを意味するのであって、

それは、書き方セッションや、漢字診断、言葉リーディングなどで、
それは心と言葉の診断士として、すでに実践しています。

また、ブログや出版物を読んでも、

気持ちが軽くなったり、
心の整理がついたり、
何か自分自身に気づくことがあれば、

それも、効果だと思います。

学問としての心理学を学ぶことは、
心の動きや仕組みを理論として身につけること、

その理論に基づき、自分自身の論理を持ちたいから。

そして心理職としての資格を望むのは、
成し遂げたという満足感を得たいから。

時間はかかったけど、
年齢もいっちゃってるけど、

最後まで諦めなかったよと笑いたいから。

だから、この先、
例え心理職としてカウンセリング業務を行う日が来たとしても、
「カウンセラー」という名札は、あまり必要ないのです。