出来損ないの本だけど

出来損ないの本だけど、

今日、一番先に読んでもらいたかった人に、

一番読んでもらいたかった章を読んでもらうことができた。

その章を読み終わった後に、

その瞳には涙があった。

感想の言葉なんて要らない。

それだけで充分だ。

そう思えた。

モノ書きを志すものとして、

その人の心に何かを映す。

これ以上の喜びがあるだろうか。

数年前、創ってもらったブレスレットがある。

深縹の色のブレスレットだった。

まるで数年後、わたしがこの本を書くのを予測していたかのように思えた。

本が届くと同時に、その鎖が切れた。

自分の役目を終えたことを知っていたのかもしれない。

出来損ないの本だけど、

とりあえずは私の深縹は完成したのだと思った。