空腹時にコンビニに行ってはいけない理由。

 

空腹時にコンビニやスーパーに行くと、

ついつい余計なモノを買ってしまう。

家に帰れば食事ができるのに、

食べたいモノを、探してしまう。

迷って選べなくて、両方買ってしまうこともある。

気持ちが欲しがっているのに我慢すると、ストレスが溜まる。

ストレスを溜めたくないから、買ってしまう。

お財布と体重は負の相関関係になっている。

だから最近は買う前に、一呼吸置くようにしている。

なるべく、空腹時はコンビニには近づかないようにしている。

お腹が空いている欲求が必要以上に購買意欲を高めているのだと、自分に言い聞かせている。

が、まだ、効果は薄い。

このように、行動に繋がる欲求に関しては、

自分で気づく事ができる。

そしてそれが好ましい結果にならないとわかっている場合は、
自分で対策も考えることができる。

でも、それが何なのかは自分でもわからないコトもある。

つい考えてしまう思考の下にはどんなモノがあるのか。

それが見えないし、もちろんその理由もわからない。

そういうこともある。

だから対策が取れず、思考いつも堂々巡り。

話す言葉も書く言葉も、いつも同じ言葉の繰り返し。

だって、その声を聞いてしまったら、

自分の姿を見てしまったら、
その理由がわかったら、

自信も勇気もやる気も全て失ってしまうかもしれない。

今の自分を保ち続けることが出来ないかもしれない。

自分が自分でなくなってしまうかもしれない。

だから耳を塞ぎ、目を逸らす。

むくむくと湧いてくる心の気持ちを意志の力で何とかしようとする。

でも、それでは解決はしない。

押さえつけると、心の力は弱くなる。

無理をするとストレスが溜まる。

大切なのはまず心の声に耳を傾けること。

そして、心が何を望んでいるのか、

それを聞いてあげること。

例えそれが受け入れ難いことだったとしても、

とりあえずは聞いてあげること。

そうすれば原因や理由も見えてくる。

そうすれば解決策も見えてくる。

例え一時的に、心が折れてしまっても、

自分自身が崩れてしまっても、

自分を見失ったとしても、

いつかきっと、自分をもっと好きになることができるはず。

だって、私たちは常に次章へ向かって歩いているのだから。