石川もと子
(Motoko Ishikawa)/TOUKO(トウコ)
心の温度を上げる専門家
情熱発信ナビゲーター/エッセイスト
・1969年7月28日生まれ(富山県在住)
・獅子座、AB型、四緑木星、大器晩成のたぬき

現在、自分のサービスや作品をカタチや言葉で表現する、
「情熱発信」のやり方を指導しています。

2016年 WPラーニング設立
2017年 自分の想いを伝える「情熱発信」を提唱。

現在、その人の「言葉」から情熱の火を見つけだし、
その想いを言語化し、行動へ繋げていくサポートを行っています。

幼少のころから
体が弱く、入退院をくり返していたので、
童話や小説、マンガなどの物語の中が、
わたしに与えられた唯一の世界でした。

健康を取り戻し、普通の生活に戻ることができたものの、
友達となかなかうまくコミュニケーションがとれず、
中学生時代は不登校児となりました。

でも、どんな時にも物語の登場人物が、わたしの周りにいました。
そして彼らから、たくさんの言葉を聞いてきました。
彼らが語る言葉には、幾多の想いが込められています。
彼らが選ぶ言葉には、幾多の意味があります。
その言葉に込められた意味と想いが、
わたしの心にずっと問いかけていました。

「このままでいいの?ほんとうは、何がしたいの?」

そうこうしているうちに、
心の奥底から生きたいとういう情熱が湧いてきたのです。

「明日はきっと大丈夫、明日はもっといい日になる。」

ヒーローたちが教えてくれたその「言葉」が勇気と希望となり、
わたしは再び学校へ戻ることができました。

時が過ぎ、わたしは今、外の世界で堂々と生きています。
行きたいところへ行き、見たいものを見ることができます。

中学生のときに湧き上がった想いは、
今もわたしの心の中で語りかけています。

「情熱発信」の真髄は、自分自身に生きる力を与え、
自分に共感してくれる人たちにも生きる力を与える、
「言葉の力」です。

これまで「情熱発信」のサポートを通じて、
たくさんの人の「想い」に触れていきました。
「想い」に同じものはひとつもありません。
どんな活動やサービスも、作品や商品も、
すべてが唯一無二のストーリーから生まれています。
その1つ1つが、子どものころにベッドの上で読んでいた「物語」のように、
わたしの胸を熱くします。

一人ひとりが主人公として自分の物語を歩み続け、
“自分らしさ”と共に生きていけるようにサポートする、
それがわたしの使命です。